起業・独立ならドリームゲート

2011年01月13日

ネットで物を売ることとネットショップの違いは?

ネットショップをやりたいですというクライアントは非常に多い。

ネットで物を売りたいという人も非常に多い。

では、ネットで売りましょうということになりますが、ここで大きな問題が立ちはだかります。それはネットで物を売ることと、ネットショップは違うということに気付かないクライアントがいます。

ネットショップは、ショップ=お店なのです。

ネットで物を売るということは、お店である必要は無いのです。

この二つは、マーケティングの手法がまったく異なり、似て非なるものです。
ネットショップのマーケティングは主にマーチャンダイジングが受け持つもので、品揃えや価格帯、ジャンルなどを考えてショップ作りを考えなければなりません。1商品しか売っていないお店には、どれだけ集客しても買う気にならないのです。

では、1商品をネットで売るには?ネットが決済窓口になるだけで、商品紹介や集客はダイレクトマーケティングが主になります。たとえば、1商品しか扱っていない、サプリメントメーカーがネットで1商品を売るには、やはりTVCMや新聞広告、チラシなどからのダイレクトマーケティングによって購買意欲を高めていきます。
もちろん、ネット上のダイレクトマーケティングも可能ですが、まだまだマスメディアを使った方が効率が高いと思われます。

基本的に、両者はネットで決済するという点では共通でも、集客の経路がまったく異なります。
例外もありますが、1商品しか無くネットで売りたい場合は、やはり卸先、販売してくれる店舗を探すことがマーケティングの基本となり、優先事項となります。

ネットショップをやる場合は、マーチャンダイジングに従って、売りたい商品を集めお店作りをすることです。  

Posted by insight at 16:52Comments(1)

2011年01月11日

積み上がる新しい経済の風潮

FREEに積み上がる経済の流れ

経済は日々流動的に変化していきます。昨年は、FREEという経済概念が浸透し、各企業のマーケティングにもその概念を利用した、経営戦略が立てられました。
私の記憶に強く残っているものでは、煎餅とコーヒーが無料というカフェ?のようなものが現れたのが、インパクトがあります。
身近なものでは、ユーチューブ、無料ブログ、無料サーバーなどは、FREEを代表するようなwebサービスで、一般的にすでに利用されています。
FREEという概念が浸透し、今年はSHAERという概念が浸透しそうです。

消費が肥大しすぎ、新たな消費に頼る経済の行き詰まりが来ることは誰でも想像つくことです。この消費という経済を大きく方向転換させることがSHAERのようです。
 
レンタルというSHAER

身近なSHAERは、CD、DVDのレンタルでは無いでしょうか。一昔前は、音楽はCDを購入して聴くものでしたが、今ではレンタルでしかCDを見ることがありません。DVDに至っては一度も購入したことが無いという人は多くいるのでは無いでしょうか?
このように、物やサービス、知識をSHAERしていきましょうという新しい経済の流れです。
街中でも自転車のレンタルなども出てきて、自転車をSHAERする動きが小さいながらにも出てきます。これが一般的になれば、自転車を所有するのではなく、SHAERする時代になります。
 
解りやすく言えば、必要なものを必要な時に、必要なだけ借り合う、貸し合うことで消費を抑制する動きに変わるということですね。
まずは、身近なレンタルを注意深く見ていくと、次のマーケットが見えてくると思います。  

Posted by insight at 14:53Comments(1)

2011年01月06日

ドリームゲート 社長ブログを開設!

ドリームゲートにブログを開設させていただきました。
これから、多くの起業家に役立つ情報をお届けしたいと思います。

運営しているサイトは以下です。気軽に見てください!

事業計画書
マーケティング
webマーケティング
企画書  

Posted by insight at 12:52Comments(1)